孤独死予備軍ひきこもり日記

ひきこもりが、日々の雑感を綴ります。

2023-01-01から1年間の記事一覧

兵庫県警 警察官どうしの「泥沼不倫」   別れたくなって「嘘の慰謝料」を相手の女の警察官から騙し取る 「人間のクズ」としか思えない所業 来年も「警察官」の下半身は暴走する!

兵庫県警の30代の男性巡査部長が交際中であった「不倫相手の20代女性巡査」に嘘を付き、慰謝料50万円を騙し取ろうとして逮捕された。兵庫県警は11月17日付けで但馬方面の警察署に所属する30代の男性巡査を詐欺罪で書類送検し、減給10分の1の…

長崎県警に喧嘩を売る竹下周志さん 「変なおじさん」ではない 「警察組織」に酷い仕打ちを受けた人でしかこの気持ちは理解できない 私の「無念さ」「悔しさ」を代弁している!

www.youtube.com

正月に帰省して 自分が「都会人」になったと思い違いするアホ 「本当の都会人」で「東京の粋」を持った人間は そんな野暮な事は絶対にしない

昨日の夕方「ダリーズコーヒー」で360円のコーヒーを飲んでいた時に、隣の男女の話を聞いていて、「ブチ切れそうに」なった。 この2人は、東京か大阪かどこか都会で仕事をしていて、和歌山に帰省したのだろう。 正月の「同窓会」を開く話をして、誰がど…

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて売名行為をした本屋「プラグ」 「正義面したことをのたまう」が 地元の名士にゴマをすって 「自分が付き合っても特にならない人間」であれば馬鹿にする 和歌山県警を批判できないヘタレ こういう手合いはいざとなれば「警察官」にビビッてしまう!

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて新潮社の本を一時的に販売停止にした本屋「プラグ」。 今は、新潮社の本を売っている。 そもそもこの行為自体に「思想的」な一貫性がないのだ。 1日に何回も✕で、「もっともらしい正義」をのたまっているが…

マツコ・デラックス 占い師から「35歳からの人生が見えない 女優として生きたら」とアドバイスされた この占い師の予言は当たっていた やはり「占い師や霊能者」の言う事は恐ろしい だから 悪い事ばかり言われる私は「人生」に絶望しているのだ!

マツコ・デラックスが昨日のテレビで非常に意味深長な発言をしていて私はその言葉が気になって仕方がない。この発言は、ネットで話題にならず、マツコ・デラックスの他の言葉が話題になっている。マツコ・デラックスが昔、大阪で占い師に鑑定してもらったと…

朝日新聞 記者の年収は「2000万円以上」 東大卒は0の年も しかし「特権階級意識」に胡坐をかいて 偉そうな態度を目に余る 

文化人たちとも交流がある方から知り合いの方から聞いた話であるが、「朝日新聞社」の社員の年収は、2000万円以上あると言う。 ここ数年、朝日新聞社では、「社内の意向」に背いた社員が次々に退職している。 優秀な記者は、人事に不当な待遇を受ける。 …

佐野史郎さん マザコン 変態の「冬彦」さんを演じた 子供の頃に見ていまだ忘れられない 「凄い役者魂」だ! モデルは秋野暢子の元夫でTBSのプロデューサー田代冬彦か?

佐野史郎さんが大病から復帰した。もう68歳になられるとは思いもしなかった。佐野史郎さんと言えば、やはり「ずっとあなたが好きだった」というドラマの「冬彦さん」であろう。「冬彦さん」は、この年の「流行語大賞」に選ばれるほど、社会現象になった。…

はてなブログ 物凄い忙しい時間を割いて書いて 100アクセス以上ある 誰も評価しない さすがの私も人間であり「腹が立つ」 しかし「はてなスタ―を付けてくれる人」がいるが「読者」にはならない そこに「リアル社会」と同じ構造がある クソみたいな記事が評価される あほらしくなる! 辞めるのもけったくそ悪い!

はてなブログを始めて、3年が経過しようとしている。 「左翼系の雑誌」に投稿しているのだが、物足りなくなって始めた。 書くと、「アクセス数」が増えて、今では1日平均100アベレージがある。 しかし、読者は、25人で、その大半は、「はてなブログ」…

二階俊博と一緒に写真を撮って 自慢したり 地元和歌山では名士 朝日新聞と毎日新聞はこの男を「ヨイショ」する しかし元「青年会議所の会頭」であり「憲法改正」の運動をしたり 口先で「古典に学ぶ」などのきれいごとをのたまうこの欺瞞 和歌山は「無法地帯」だ!

www.youtube.com

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて売名行為をした本屋「プラグ」 昼も夜も高い食事 地元の名士にはゴマをする 和歌山県警を批判しないヘタレ

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて新潮社の本を一時的に販売停止にした本屋「プラグ」。 今は、新潮社の本を売っている。この「思想性」のなさ。 本が売れなくても、実家が会社を経営していてお金には不自由しない。 そのため、昼も夜も高い…

イケていない高校生だった男 「大学生デビュー」 「朝日放送」でアルバイトをしたり 勘違いしている 20年前の私の方が100倍「顔」が良い 人間は「運」が全てである!

和歌山放送に高校生が出演する番組がある。この番組に出演していた男が、大学進学後も時々和歌山放送に近況を報告するために「特別ゲスト」として招かれることがある。この男は、体型も「デブ」であり、「イケていない高校生」であった。しかし、「大学生デ…

大川原化工機 警視庁公安部のでっちあげ 朝日新聞 毎日新聞 普段は「警視庁」にゴマをすって 警察組織の犬のくせに 「世論」が大きくなれば 批判する 特に「毎日新聞社」は「警視庁」と通じている!

軍事転用可能な装置を不正輸出したとして、逮捕・起訴されて後に起訴が取り消された「大川原工機」の大川原正明社長らが、東京都と国に約5億6500万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は27日に国と都に約1億6200万円の損害を命じる判決を言い…

朝日新聞 声 65歳女 政党交付金 国民が負担する金額 「コーヒー一杯分」を インスタントのコーヒーではないとケチ付ける 250円 ドトールコーヒーの「ブレンドの金額」と同じ この投稿者はドトールコーヒーで250円のコーヒーを飲むことが「庶民的」でないと言うのか!

本日の「朝日新聞」声欄に政治と金について苦言を呈する投書があった。 投稿者は、65歳女。 政党交付金は、国民が負担する金額で「コーヒー一杯分」ちょうど250円が、家で飲む「インスタントコーヒー」でないのが、政治家の「庶民感覚」の欠如で、許し…

ホリエモンこと堀江貴文あるいは「元日教組の教師」で退職後は「日本語学校」の幹部になった「要領の良い知り合い」から見れば 私など「あいつ馬鹿じゃねぇの」と言われるぐらい 「タイパの悪い」事をしている この「ブログ」がそう しかし「自己の内面」と対峙する「メンタルの強さ」では誰にも負けないと自負できる!

私は、何故か毎晩「800字」以上の「ブログ」を書く事を自分に課している。おそらく、「暇を持て余している」と思われる方がいるだろう。しかし、こう見えても結構忙しい。このブログを始めたのが、「左翼系雑誌」に投稿するだけでは物足りなくなったから…

メルカリ 私の本を何回も買って下さる お金持ちの人が出現 本当に感謝 

副業として、メルカリで私は本を売っている。 以前は、Amazonで売っていたが、「パスポート」を持っていないので、今は「小口出品」できない状態である。 メルカリの「相場」は、非常に安い。 しかし、私は「1000円」以上の値付けしかしない。 何故なら…

松本人志 とうとう「文春砲」に狙い撃ち 「驕る平家は久しからず」 年貢の納め時か? 次は松本人志と蜜月の「維新の会」の創始者 橋下徹だ! 「週刊朝日」「ハシシタ奴の根性」で失敗 次はどの手か?

松本人志が、とうとう「文春砲」に狙い撃ちされた。 「文春砲」のメンバーは、松本人志を蹴落とす「ネタ」を探していて、ようやく「女性問題」を見つけたのだろう。 「文春砲」は、「著名人」の「下半身」「金」「パワハラ」など総力を挙げて調べている。 次…

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて売名行為をした本屋「プラグ」 「イタ飯屋で聞いた話だけでど今年クリスマスカップルは酒を飲まなかった」 何をぬかしとんのや!和歌山県警を批判できない二枚舌の言論人気取り

「杉田水脈の同性愛者に生産性ない発言」を受けて新潮社の本を一時的に販売停止にした本屋「プラグ」。 今は、新潮社の本を売っている、全く「思想性」ないただの「売名行為」。 一日何回も✕で、「もっともらしい正義」をのたまっているが、実際は、昼も夜も…

「鉄オタ」のカリスマ 横見浩彦 JRも私鉄の全駅を訪問する いかにも「鉄オタ的」な雰囲気 ハイヒールリンゴに「お兄さん、小学校3年生みたいな服着てますやん」とツッコまれる これぞ「鉄道マニア」を地で行く人

www.youtube.com

朝日新聞 ひととき 60歳女 長男が結婚するが 弟が「知的障害者」で結婚式に出席させるのが心配 「身内に障害のある兄弟がいるのが恥ずかしい」という「優性主義」以外の何物でもない 「朝日新聞の愛読者」にありがちな「良識的市民」の欺瞞

本日の朝日新聞の「ひととき」に60歳女の投稿が目に余る。 内容は、長男が結婚するが、「知的障害の弟」が結婚式に出席することが不安であった。しかし、無事に済んで安心したという趣旨のもの。 この投稿者は、知的障害のある子供を持った「親の会」でそ…

沖縄県警 少年の目を警棒で「失明」させて 罰金100万円だけ 接触しただけでそこまで重症を負うものか? 夢ある少年の未来を奪った 警察組織は何をしても許される!

昨年沖縄県で、バイクを走行中の少年を職務質問しようとして警棒で、少年の右目を失明させて業務上過失傷害罪に問われていた前田光介31歳に対する求刑があった。 那覇地裁は、求刑通り罰金100万円の判決を言い渡した。 警棒を接触しただけで、少年の右目…

ゆうちゃみ 「おじさんLINE」で口説いてくる先輩芸人を「キモイ」と実名で言う 思っていても 黙ってるべき 芸能界に こういう素人に毛が生えた女が跋扈するようになった 

ゆうちゃみこと古川優奈が、明石家さんまのテレビで、「おじさんLINE」で口説いてくる先輩芸人の実名を暴露した。クロちゃんとお見送り芸人しんいちなどである。確かにクロちゃんやお見送り芸人しんいちは、「キモイ」。特にクロちゃんなる男を見ている…

「杉田水脈の同性愛者に生産性に生産性がない発言」で売名行為をした本屋「プラグ」 昼も夜も高い食事を取る 「庶民感覚の欠如」 和歌山県警を批判できないのも納得

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて、新潮社の本を一時的に販売停止にした本屋「プラグ」。 今は、新潮社の本を売っている。 ✕で、1日に何回ももっともらしい正義」をのたまって、「インフルエンサー」気取り。 昼も夜も高い食事を取って、…

「冤罪と司法を考える集い」 大阪 西成で開催 私も参加した 井戸謙一弁護士も驚く 「西成の人たちの濃さ」 警察組織に反逆するには この人たちしかいない!

昨日、大阪西成で「冤罪と司法」を考える集いがあって、私も参加した。 場所は、西成の「とあるマンション」なのだが、探すのに苦労をした。 通常の「冤罪の集会」とは、違った人たちが参加していた。 私も驚いて、正直「びびってしまった」。 井戸謙一弁護…

女の美は永遠ならず 中学の時に「ファンクラブ」まで結成された 女の子 今はおばさん しかし「共産党系」の弁護士のなっているので 頑張れた言いたい!

私が通っていた中学・高校は、6年一貫性であった。中学から高校まで同じメンバーなので、大変「フレンドリー」な関係がある。問題なのは、「受験管理体制」が異常なまで構築されて、教師たちが暴力を振るっていたこと。良かったのは、「いじめ」がなかたこと…

ひきこもりを売りにする 髭男爵 山田ルイ53世 「本当のひきこもり」ではないし 「芸人」として「ひきこもり」と称して講演するのは 邪道で 「本当のひきこもり」に失礼だ

「髭男爵」の山田ルイ53世は、元「ひきこもり」を売りにして講演までしている。それを見ると私は芸人として一番してはならない卑怯なことをしていると思えてならないのだ。山田ルイ53世は、6年間のひきこもり経験がある。六甲中学に在学中に不登校にな…

渋谷暴動事件 大阪正明被告 新潟県警の警察官を殺害して 47年逃亡 「懲役20年の判決」 「政治の季節」を生きた 本物の闘士だ!

「渋谷暴動事件」において、新潟県警の警察官を殺害して、47年間逃亡した大阪正明被告に懲役20年の判決が下された。 大阪正明被告が、極悪人かのように報道されているが、メディアの印象操作も甚だしい。 「学生運動」に関与したもの中には、警察官によ…

雅子さま 還暦60歳 リベラルなメディアも「週刊文春」もこぞって祝福ムード 「適応障害」 我々一般庶民であれば「我慢しろと言われる」 愛子さま論文を書けば称賛 一体何時から「皇室礼賛」の「右極化した日本」になったのか!

雅子さまが、60歳の還暦を迎えると、朝日新聞は大々的に好意的な報道をした。朝日新聞のみならず、「週刊文春」までもが、雅子さまの「適応障害」の苦悩を考慮する記事を配信した。雅子さまは、長年「適応障害」と言う精神疾患を患っている。主治医は、慶…

はてなブログ 超忙しい時間を割いて 毎晩800字以上書いて 100アクセス以上ある 1人ブックマークしてくれるが「読者にはなっていない」 クソみたいな記事が人気を博す 「リアル社会」と全く同じ 辞めたら「負けみたい」で辞められない「完璧主義者」で「負けん気の強い私」 

はてなブログを始めたのきっかけは、「左翼系雑誌」に投稿するだけで物足りなくなったからだ。 はてなブログで「私の関心のある社会テーマ」について発信していこうとしたら、アクセス数が増えてきた。 「私の関心のあるテーマ」を書くと、アクセス数が3分…

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」で売名行為をした本屋「プラグ」 昼も夜も高い食事を取る 偉そうに「もっともらしい正義」を✕でのたまうが 新野ある巨悪である和歌山県警を批判できないで何が左翼か!

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」で新潮社の本を一時的に販売停止にした本屋「プラグ」。 今は、新潮社の本を売っている。 1日に何回も、✕で「もっともらしい正義」をのたまっているが、真の巨悪である和歌山県警を批判できない。 警察組織が怖い…

歯医者の杜撰な治療 堺市で 障害のある子供が死亡 コンビニの数より多い インチキ治療しても分からない 私の歯も一向に治らない 

堺市で障害のある子供が、障害者専門の歯科治療で、親知らずを抜く際に全身麻酔の処置を誤って死亡した。 「障害のある子供」の歯科治療は、普通の歯医者では断れる。 歯医者は、金儲けしか考えておらず、障害のある子供の歯の治療などめんどくさいからだ。 …