孤独死予備軍ひきこもり日記

ひきこもりが、日々の雑感を綴ります。

「子供を殺してください」の著者 押川剛 精神障害者移送サービス 本人の主体性を剥奪して説得させて精神病院に入院させる どこか強引ではないだろうか?

NNNドキュメント「つなぐ男 孤立と向き合う 説得屋」という番組を深夜に見た。押川剛という人物が、精神に問題を抱えた人と向き合い様を描いた内容なのだが、見終わって複雑な感情に駆られた。このドキュメントを見て、押川剛が取り組んでいることを無条件に礼賛する人が出てくるのではないかという懸念だ。押川剛は、精神障害者移送サービスという変わった事業を展開している。トキワ精神保健事務所の代表でもある。精神病院に入院する必要がある人たちを説得させて、入院させるという仕事に25年以上取り組んでいる。大学を卒業して、警備会社を起業した。その会社の従業員が、心の病気になった。家族と近所の人数人がかりで、ロープを持って病院に連れていかれたことを聞き、自責の念に駆られた。しかし、その従業員の精神状態が良くなり、普通の会話ができるようになり、「説得」を仕事にできると確信して、今の仕事を始めたという。2002年には、家族以外の他者と人間関係を構築することを理念とした、自立支援組織「本気塾」を設立した。押川剛を一躍有名にさせたのは、「子供を殺してください」という本が売れたことだ。この本は、家庭内暴力や問題行動を取る子供に悩ませれている多くの親御さんたちの共感を呼んだのだろう。家庭内暴力をふるう子供は、親に自分の苦しみを分かってもらいたいという感情と表裏一体だと思う。また、子供をそこまで追いつめた原因を無視して、一方的に子供だけを断罪して良いものだろうか。「子供を殺してください」という挑発的なタイトルに押川剛のあざとさがあるように感じてならない。番組の中で最も印象に残ったのは、50歳代後半の中年の男性。親が資産家で、若い時は放蕩三昧。しかし、薬物依存になり、お金がなくなると、親に無心して、断られると暴言を吐くという荒んだ状態。押川剛は、説得させて、この男を精神病院に入院させるのだが、最後は死んでしまう。葬式で、年老いた母親が、「正直、この時期に死んでくれたことにほっとしています」とつぶやく。私は、この場面を見て、押川剛が主張していることが正しいという前提に、この番組が作られていると思った。確かに、機能不全家族では、親と子が分かりあえない。しかし、支援者が最初から家族の和解を無視して、「説得」という美辞麗句で介入して良いものだろうか。どうも、押川剛の支援には、一方的なものを感じてならない。

 

「プロフェッショナル仕事の流儀」でも紹介された 84歳のカリスマ交通警備員上野敏夫さん 最底辺と認識されている仕事に情熱を傾ける凄さ

昨年の「プロフェッショナル仕事の流儀」が、84歳で交通誘導警備員を24年間勤めている上野敏夫さんという無名の84歳の御老人を取材した。私は、この「プロフェッショナル仕事の流儀」と言う番組があまり好きではない。何故なら、ある程度社会的に地位がある人や「できる人」ばかりにフォーカスを当てるから、私たち凡人には無縁な感じがしてならないからだ。しかし、交通誘導警備員として24年間働いてる上野敏夫さんの生き方に迫った回は、非常に見ごたえがあった。警備員という職業に私たちは、どんなイメージを抱くだろうか。「誰でも出来る」「社会の最底辺の仕事」「暑い夏も、寒い冬も立ち続けなければならない」などネガティブなイメージあるいは、差別的な目でしか見ないと思う。私自身も、「警備員」に対してそうした偏見と差別を持っていることは正直な所ある。「ひきこもり」は良く「自宅警備員」などとネット上のスラングで呼ばれた。この表現は、言い得て妙である。ひきこもりは、仕事をしていない、しかし、「家を警備している」から「自宅警備員」である。誰がネーミングしたか不明であるが、センスがある。最近は、ひきこもりに対して「自宅警備員」と呼ばなくなったような気がする。おそらく、家の2階かなんかで息をひそめて暮らし、親が、ドアの前に食事を置く。外出するのは、深夜のコンビニだけ。こういったひきこもり像が、もはや過去のものになったからだと思う。多様なひきこもりがいるということが、徐々に世間に認識され始めてきたのだろう。上野敏夫さんは、交通誘導警備員という仕事に誇りを持っている。番組を見ていたら、交通整理なんか、誰でもできるという先入観は一掃されてしまった。信号が変わるタイミングをつかみ、旗を振る、上野敏夫さんの仕事振りは、本当の職人芸であり、「プロフェッショナル」そのものであった。「プロフェッショナル仕事の流儀」に登場する「できる人」は、才能があって凄いのだけれど、「自分は、凡人とは違う人種だ」という特別意識が垣間見えて、不愉快に感じること多かった。しかし、上野敏夫さんは、そうした所がなく好感が持てた。本当のプロフェッショナルは、謙虚で他者に対して尊大な態度を取ることは絶対ないと思う。

 

3組に1組は離婚する時代 女性の自立とわがままをはき違えている 少しは保守的な方が上手くいくと思う。

生涯未婚率が異常に高くなっているが、結婚する人はする。しかし、3組に1組は離婚するというのは、いかがなものかと思う。何故これほど離婚率が高くなったのだろうか。私は、その要因として、女性のわがままにあると思う。昔は、結婚するということは、家を出て、親と他人になるという価値観が当たり前であった。山口百恵の、「秋桜」に、「明日嫁ぐ 私に苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと笑った」という歌詞がある。結婚式を明日に迎えた女性の心情を歌ったものである。「秋桜」の作詞は、さだまさしであるが、やはり天才的な才能を感じさせる。しかし、この歌詞は、今の若い人にとっては、時代錯誤なものでしかないだろう。「結婚することが、親との今生の別れでもないのに大袈裟に」と一笑に付すに違いない。しかし、昔の女性は、結婚というものに対して、特別な意識を持っていた。今はどうだろうか。子育ては、親任せであったり、同居していなくても、常に、母親と連絡を取り合う友達親子。そのうえに、子育てに悩み、子供を虐待しても、「育児ノイローゼにあった」などと擁護される。私の母親の世代。昭和28年生まれであるが。やはり結婚に対しては、古い価値観を持っている。それは、母親と私の姉の会話を聞いていて、嚙み合わない部分が多にしてあるからだ。今の女子は、結婚を「制度」と見做さない。恋愛の延長にあったり、偶然に子供ができた「できちゃった婚」で結婚するというケースが大半ではないだろうか。結婚に対する保守的な考えが衰退してしまったのは、やはりフェミニズム的思想が社会に浸透してしまったからだと思う。女性が家父長制に支配されて、苦しい思いをしていた時代は確かにあった。しかし、男女平等は実現して、女性が家族の中で、社会の中で不当な仕打ちを受けるということは皆無になった。それにも関わらず、フェミニストたちは、いまだ女性は不当な人権侵害を受けることがあると主張する。これは、事実無根、被害妄想でしかない。「女は、男の三歩後ろを歩く」と言う言葉がある。妻は夫に対して従順であるべきという古い価値観で、フェミニストから糾弾されるようなものである。しかし、そうした古い価値観も時には大切ではないかと思う。

呼ばれない「同窓会」「結婚式」 ひきこもりで孤独な中年男になろうとしている私の絶望感

長年、ひきこもっていると、未来のことを考えることを回避して、過去の事ばかりを考えてしまう。特に、楽しかった時代のことである。世間で流布されているように、ひきこもりは、過去に壮絶ないじめに遭った者ばかりではないと思う。人生のある段階で、何かにつまづいて、立ち上がることができず、ずるずると、ひきこもってしまったというケースが大半ではないだろうか。最近、私が卒業した高校の同窓会組織が目立った活動をしている。おそらく、地元で商売をしている会社の社長たちが、自分たちの仕事のために、人脈づくりをするという打算があるのだと思う。ネットで会員登録できるのだが、ひきこもりで肩書のない私は、登録する気がない。おそらく、それなりに社会的地位を築いた者であれば、躊躇することなく会員登録するだろう。ひきこもりにとって、つらいのは、肩書がないということである。それまで、感じよく接していた人間であっても、「私が、ひきこもりである」ということが分かると、手のひらを返したような態度を取る人がある。やはり、社会は、「働いていない人間は、まともではない」というコンセンサスがあるように思えてならない。私が、高校を卒業したのが、2000年。あれから、22年も経過してしまった。同級生の中には、霞が関の官僚、開業医、弁護士、超一流企業の弁護士になった者が非常に多い。いつから、彼らと住む世界が違うようになったのかと思うと悲しくてやりきれない。小学校の同窓会は、20年程前にあって、電話がかかってきて、出席の有無を問われたが、出席を断った。まだ、ひきこもりではない時代であったが、何か鬱々とした感情を抱えていて、同級生たちが幸せなのを見るのが億劫だったからだ。以後、小学校も、高校の同窓会も呼ばれることがない。おそらく個人単位では、同窓会をしているかもしれないが、大きな会場を設けてはしていないと思う。もしかしたら、自分だけが呼ばれないのかもしれないが。「結婚式」は呼ばれることがない。ちゃんとした会社で働いた経験がないのだから当然である。ひきこもりが長引くと、世間から存在する忘れ去られ、自分という輪郭が薄れていく錯覚に陥る。この苦悩は、働いている人には想像がつかないだろう。以前、心理カウンセラーをされている方に、「あなたは、これほどの過酷な状態を理性で抑えていきてますね」と褒められたことがある。だから私は思う、「あまりにも長期間のひきこもりは、冷静を保っていられるのは稀であるということ」。彼らは、日々極限状態の中で生きている。そうしたひきこもりを単純に、精神疾患か否かと、二者択一にカテゴライズすることは、絶対あってはならないと思う。

近畿大学「美人・美男図鑑」はルッキズム以外の何物でもない 三浦瑠璃は擁護するが、勉強も出来ず、顔も悪い学生の立場を全く視野に入れていない

近畿大学の「美男・美女図鑑」が、一部で話題になっている。詳細は、近畿大学が、大学入学案内のパンフレットに、「近畿大学美女図鑑・近畿大学美男図鑑」という記事を掲載した。これについて近畿大学の教職員組合が、疑問を呈したことが事の始まりである。三浦瑠璃は、フジテレビの「めざまし8」で次のように発言した、「コロナ禍の2年間で分かったのは、大学は、zoomで勉強するだけの場じゃない、社交の場でもあるし、そこで重要な出会いもある。私自身も夫と大学で知り合った。」「頭のいい大学の先生たちは、容姿差別ってすごい言うけれども、学力差別もある」「色んな能力がある。スポーツの能力や算数の能力もあれば、おしゃれに気を配って、そっちで輝きたいと思う人もいる」「女性アナウンサーって結構、ミスコン出身者も多いし、それはそれで、登竜門になって人前でしゃべることも含めて自信を自らにつけている」「容姿差別は、あるけどIQ差別だってあるし、サッカーできるできない差別もあるんだから、あまり押しつけるのはどうかなと思います」と。全くピント外れで、よくもこれだけ支離滅裂な見解を公共の電場で発言できるのかと腹立たしくなる。三浦瑠璃は、保守のスタンスを取りながら、フェミニズムに迎合するという思想的には一貫性がない。朝まで生テレビに出演し、一躍有名になり、今では様々な社会問題について論じるが、三浦瑠璃の発言で的を射たものがあった試しはない。今回の近畿大学の「美男・美女図鑑」の三浦瑠璃の発言は、同世代の人間として看過できない所があまりにも多すぎて許せない。コロナ禍で、大学の学び方が変化して、学生たちは戸惑っていることは紛れもない現実である。しかし、三浦瑠璃が言う、社交の場というのは、「コンパや何かで、彼氏、彼女を見つける」ことを指していて、zoomではない生身のコミュニケ―ションを意味していない。はっきり言って、日本の大学は、高偏差値の大学を除いて、4年間遊ぶ場所になっている。アルバイトと恋愛が、大学生の関心事で、それが上手くいった場合は、薔薇色の学生生活になる。三浦瑠璃は、東京大学時代に今の夫と出会い、学生結婚した。それについて他人がとやかく言う権利はないが、大学で彼女、彼氏を作れなかった恋愛弱者への配慮が欠けているように思えてならない。女子アナのミスコンを三浦瑠璃は肯定しているが、これも愚かなことである。容姿差別に関して、三浦瑠璃はまるで他人事のように発言しているが、今の時代は、「見た目がすべて」というルッキズムに老いも若きも支配されている。先日、「ナルシストな男が多すぎる」という記事を私は書いた。その中で、自分の顔を格好良いと言っていた男は、今回問題になっている近畿大学の学生であった。やはり、近畿大学の「美人・美男図鑑」は、そうした見た目だけで人を判断する風潮をより一層強固なものにすると思う。三浦瑠璃は、学生の多様な能力を尊重するべきと言う。これも全く現実の学生たちを知らなさ過ぎる。勉強ができるという学生は、ほんの一握りであって、大半は凡人である。また勉強はできないが、お洒落で恋愛が得意という学生もほんの一握りである。勉強も恋愛もできないで、コンプレックスに苛まれている学生たちは、近畿大学の「美人・美男図鑑」はどのように感じているだろうか。おそらく本音は絶対に出さないが、不快に感じているように思えてならない。

睾丸の大きさでリベラルになる トンデモ科学者で「正論」のメンバー 竹内久美子 染色体で男系天皇の必要性を説くいかがわしさ

竹内久美子という作家がいる。この人は、「正論」のメンバーであり、皇室問題について発信しているが、馬鹿馬鹿しいほどの低レベルなもので、とても生物学を学んだとは思えない、「トンデモ」学説を披歴している。昨年に伊勢新聞政経懇談会で竹内久美子は、次のように発言した。「女の性染色体が、数世代で薄まる」のに対して。「男の性染色体は、ほぼ変化せず受け継がれていく」。それゆえに、皇室においても、「神武天皇から受け継ぐ男系天皇でつないできた意味」指摘した。そして、「GHQが、11の宮家を廃止したが、宮家は、皇室の危機を支えるために存在した。安定的な皇位継承には、旧宮家皇籍復帰が一番である」と主張した。保守派は、女系天皇が気にいらないために、旧宮家皇籍復帰を唱える。竹内久美子もその一派であるが、染色体の私見はとても科学者のものとは思えない。竹内久美子は、似非科学のようなことを数多く著書の中で書いている。挙げれば枚挙に暇がないが。その一例として、薬指の長さに対する、人差し指の長さの比が低いほど、男はモテるそうである。また、睾丸のサイズが小さい男は、リベラルな思考の持ち主になるという。竹内久美子に限らず、保守と似非科学は密接不可分な関係にあることは紛れもない事実である。産経新聞を読んでいると、そうした記事をよく見かける。ウルトラ保守派は、どうやら物事を筋道立てて、論理的に考えることが苦手なのではないだろうか。そのため、単純な思想を崇拝して、自分たちと相いれない立場の人間を徹底的に糾弾する。最近「秋篠宮」というくだらない本が出版されて話題になっている。著者は元毎日新聞の記者である江森敬治。この本をについても、竹内久美子は批判しているが、その論点がずれている。私も、「秋篠宮」という本は、絶対許せない本であると感じている。眞子さまと小室圭さんの結婚について、悩み、苦しむ秋篠宮さまもひとりの人間であって、私たち庶民と何ら変わらないということを言いたいだけのものに終始している。小室圭さんの母親の小室佳代さんの金銭問題や反社会勢力との関係などに全く触れずして、「本当の皇室問題」に言及したことになるのか甚だ疑問だ。皇室ウオッチャーである成城大学の森暢平も毎日新聞の元記者である。毎日新聞の記者の劣化も甚だしい。「正論」のメンバーである竹内久美子も、リベラル派の人間も誰ひとりとして、眞子さまの結婚問題の核心について言及できていない気がしてならない。

運不運も才能のうちか? 何をやってもついていない 人間の運命はあらかじめ定められていると思う 結局は居直るしかないのか?

勝ち組と負け組とういう言葉は、古くなったが、現代を象徴するものだと思う。就職や恋愛・結婚において、常に勝者と敗者の二極化が年々進んでいると思う。昔だったら、一度つまづいても、また立ち直る機会が用意されていた。しかし、現代は、何事も、効率を優先する新自由主義的社会では、そのようなチャンスが平等に用意されていない。雇用においても、年功序列より、ジョブ型が優先される。新入社員で会社に就職しても、人材を育成する余裕など、企業にはない。企業が求めるのは、即戦力のある者だけで、少しでも能力が劣っていたら、どんどんと切り捨てられていくだけである。アルバイトにしても、同じことである。コンビ二アルバイトなど誰でも出来ると思われているが、大間違いである。場所によって、かなり雇用条件が異なってくるが、私は、大学時代に、「大阪の北新地」のコンビニでアルバイトをしたことがある。名前は、出せない。しかし、最悪の職場であった。「大阪の北新地」と言えば、東京で言えば、「銀座」にあたるだろう。有名芸能人がお金を使いに来る場所であり、飲み屋のママを中心に、店で働いている人間も、プライドが高い鼻もちならない人間ばかりであった。私が、ミスをする店に電話をする。些細なことで、キレる客など、思いだしただけでも腹が立つ。私は、そんな手合いに、頭を下げるのが嫌で、逆切れしてしまい、自分から辞めてしまった。おそらく、コンビニの店員に偉そうにする人間は、全国どこにでもいるだろう。しかし、北新地の客の場合は、「自分たちは、有名芸能人と面識があるという特権意識」が見え見えなのである。私は、他のアルバイトもしたが、すべてうまくいかなかった。ここで、私の弟のことを例に出したい。弟は、大学生の定番の「家庭教師」のアルバイトしかしていない。就職も、無難な国家公務員を選んで、26歳で結婚して、私生活も順調である。私が弟に嫉妬しているのではないことだけを強調しておく。弟の人生を見ていると、「他者から酷い仕打ちを受けたことがない」「何の挫折も知らない」と感じてならない。こうしたことを両親に言うと、「弟は、弟なりに苦労している」と、弟の肩を持ち、「ひきこもり」である私を断罪する。両親の想像力の欠如、他者の痛みへの鈍感さには、怒りを通り超して悲しくなる。弟は、偶然に、人生が上手くいっているだけであって、もし私のような酷い経験をしたら、間違いなく、押しつぶされていくだろう。私は、人間には、生まれついて、「運不運」が定められていると思う。成功者が、不運に負けずに努力が実り、「逆境に負けずに、頑張れば、人生の活路を見出すことができる」というような訓示する。しかし、これは結果論であって、実際は、「努力は報われない」のが大半である。悲しいかな、定められた運命を受け入れて、居直るしかないのが人生だと思えてならない。