孤独死予備軍ひきこもり日記

ひきこもりが、日々の雑感を綴ります。

逆転人生 布川事件  桜井昌司さんを取り調べた茨城県警の警察官の名前は公表されるべき

先日、NHKの「逆転人生」に布川事件で、冤罪と闘い、雪冤を果たし桜井昌司さんが、出演された。冤罪事件が、メディアで取り上げられることがほとんどないので、期待して見たが、あまり完成度の高いものではなかった。再現ドラマの形式を取るためか、事件の概要を、おおまかに纏めたものになり、いまひとつ物足りない感じがした。もっと関係者に取材して、裁判の過程を検証するとともに、日本の刑事司法の病巣にまで肉迫する内容となるべきだと思う。個人のプライバシーの問題など、様々な制約が多いかもしれないけれど、冤罪の実態を知るうえで絶対に必要不可欠なことである。布川事件は、1967年茨城県利根町で、大工の老人が殺害された事件である。殺害された老人は、裏で金貸しをしていて、当初、警察は、「怨恨説」で捜査していた。しかし、目ぼしい者を探すことができず、捜査方針を変える。そこで、目をつけられたのは、桜井昌司さんと、杉山卓男さんだった。2人は、素行不良で、定職についていなかった。桜井昌司さんは、ズボンを盗んで窃盗、杉山卓男さんは、暴行罪で別件逮捕される。この際の警察の自白を引き出すやり口は、非常に卑劣なものである。桜井昌司さんは、犯行当日にお兄さんの家に泊まったと主張する。しかし、はっきりとした記憶に基づいていない。そこを警察官につけ込めれることになる。警察官は、「お兄さんは、犯行当日に、お前は、泊まっていない」と言っているという嘘をついて、桜井昌司さんの記憶を混乱させて、精神的に追い込み、自白させている。桜井昌司さんにとって、犯行当日は、さして変わらない日常であったために、はっきりと記憶していなかったのではないだろうか。杉山卓男さんは、「桜井昌司が、自白し、お前と一緒に、殺害した」と警察官から吹聴されて、自白してしまう。こうした、違法な取り調べは、憲法38条と刑事訴訟法319条で禁止されているにもかかわらず、まかり通っているのが現状である。共犯者のいる冤罪事件の大半が、仲があまり良くないというパターンが多い。また、犯行当日、被害者の家の前で、桜井昌司さんと杉山卓男さんを目撃したという証人が表れたことによって、2人の自白が補強され犯人に仕立て上げられる。この目撃証人の発言も、信用性の低いもので、事実ではないだろう。29年間刑務所に入り、1996年に仮釈放される。その後の2人に人生を追った、ドキュメンタリー「ショージとタカオ」井手洋子監督。社会に出て、戸惑いながらも、「フツーのおじさん」になろうと、もがき、苦しむ姿を見ると、桜井昌司さんと杉山卓男さんの無実は、何よりも明らか。桜井昌司さんは、直腸がんで余命宣告されているが、同じように冤罪に苦しむ人たちのために活動されておられる。番組の終盤、茨城県警のコメントをアナウンサーが、読んだ直後に、桜井昌司さんは、「腹が立つ」と怒りを露わにした。何の罪もない人を、犯人にでっちあげ、人生を翻弄させたのに、謝罪すらしない警察。こうした警察の無法が許される限り、冤罪は絶対に根絶しないだろう。

 

大谷翔平が愛読する「中村天風」の危険な思想

エンゼルス大谷翔平が愛読していたことから、中村天風の著作が注目を集めている。大谷翔平の受賞をきっかけに、Amazonの売れ筋書籍ランキング総合30位以内に、中村天風の、「ほんとうの心の力」と「運命を拓く」の2冊が、ランクインしている。成功した人が、愛読していた本が、ベストセラーになるのは今どきである。偶然、その本を読んでいただけのことで、安易に飛びつくのは、いかがなものかと思う。この中村天風は、パナソニックの創業者松下幸々助や京セラの稲盛和夫などの経営者にも影響を与えた。こうした企業の経営者が愛読する本の中には、危険な思想を説いているものも、少なからずあるような気がしてならない。中村天風もそのうちの一人である。学生時代に、喧嘩で相手を刺殺し、日清日露戦争で軍事探偵として活動する。戦後、結核を患い、ニューソート作家の著作に感銘を受けて渡米。そして、玄洋社のメンバーである。玄洋社は、頭山満らを中心として、結成した、超国家主義団体で、対外強硬策を取った右翼である。ファナティックで、非常に危険な集団ではないかと思う。そうした歴史的背景を無視して、中村天風の思想を妄信するのは、無知を曝け出す以外の何物でもない。「自分の欲を捨てろ」という本が多いなか、中村天風は、「自分の欲をかきたてろ」というものらしい。ポジティブシンキングは、成功の秘訣であるかもしれないが、ありきたり過ぎだ。大谷翔平のような才能があれば、ポジティブシンキングを持てば、成功への道は保障される。しかし、私たち、凡人の場合、そう単純にいかない。読書界において、自己啓発書が、常にベストセラーになって久しい。多くのビジネスパーソンが手に取るだろうが、そうした本を熟読するほどに、成功は遠のいていくような気がしてならない。成功する人の手法を真似ても、何の意味もない。大切なのは、独創性と創造性ではないのか。自分の確固たるスタイルを身につけるには、自己啓発本は、百害あって一利なしである。こうした自己啓発書を、氾濫させる出版社の功罪も大きいように思えてならない。

 

辺見えみりの元旦那が演じた「麻雀覇道伝説 天牌外伝」は、近頃稀に見る、上質な映画

「麻雀覇道伝説 天牌外伝」という映画を見たが、最近の日本映画の中では、完成度の高い作品であった。「別冊漫画ゴラク」に連載された漫画の映像化であるが、麻雀の知識がなくても話が理解できる。出演者のほとんどが無名で、Ⅴシネマのような作品のため、一般受けするとは思えない。しかし、これほど人間臭い、昭和ノスタルジーに満ちた、ウエルドメイドな作品が、現在の日本映画にあるだろうか。松田賢二演じる、主人公の黒沢義明は、一晩で億の金を稼ぐ麻雀打ち。麻雀という勝負の世界に生きる男たちの熱いドラマが繰り広げられる。原作の漫画は、明らかに、阿佐田哲也の「麻雀放浪記」や雀鬼と呼ばれている、桜井章一の世界観に影響を受けているず。麻雀を人生の勝負に喩えるは、男のメルヘンで、今も古びない普遍性を持ったテーマだと思う。とにかくこの映画の黒沢義明は、痺れるぐらい、格好良い。おかまバーの主人が新宿で雀荘を開いている、佐々木という男に嫌がらせを受けている。彼を助けるために、一人で、佐々木の雀荘に乗り込み、麻雀で対決して、佐々木を打ち負かし、勝った金をおかまバーの主人の店に置いてやる。このおかまバーの主人を演じているのは、寅さんシリーズで、有名な笠智衆の孫の、笠兼三である。笠兼三の演技の上手さはには、関心させられた。「オネエ」を演じるのは、簡単なようで、非常に難しい。笠兼三は、紋切り型の「オネエ」ではなく、人生の酸いも甘いも噛み分けた、人間臭いキャラクターを好演している。これから、期待できる役者さんだ。麻雀の天才で、クールだが、熱い心を持った黒沢義明という設定は、ベタであるが、「麻雀覇道伝説 天牌外伝」は、人間ドラマに仕上がっている。いくら麻雀を打っても、勝てずにいた、どん底時代を忘れないために、黒沢義明は、ビンに土を入れて持ち歩いている。いつでも、土を口に入れて、噛みしめるために。いかんせん、この映画の弱点を挙げれば、女性が全く出てこない点だ。黒沢義明の妻なり、彼女がドラマに介入すれば、もっと違った展開になるはずだ。おそらく、シリーズ化して、今後そうしたエピソードも描かれると思うが。「麻雀覇道 天牌外伝」のようなⅤシネマ色の強い映画は、評論家からは、無視されてきた。Ⅴシネマは、「やくざ映画」で一段低いものと見做す差別意識があるからだ。大手映画会社の配給で、有名芸能人をキャステイングした映画が、くだらなくなった。社会の底辺で生きるアウトサイダーを描き続けてきた、Ⅴシネマに隠れた名作があることを知るべきだと思う。 

 

兵庫県稲美町放火殺人 伯父の松尾留与容疑者は、絶望の果てに犯行に及んだのではないか?  

兵庫県稲美町で19日全焼した民家の焼け跡から、小学生の兄弟と見られる遺体が見つかった放火事件で、加古川署捜査本部は伯父の松尾留与容疑者を現住建造物放火と殺人の疑いで逮捕した。何の罪のない、子供たちが殺害されという痛ましい事件である。赤の他人ではなく、血のつながった伯父に殺害されるというのは、なおやり切れない。松尾留与容疑者は、長年実家を離れて、働いていたが、仕事を辞めて、この家族と同居するようになった。ネット上では、無職やひきこもりの犯罪と断定しているが、偏見と差別もはなはだしい。確かに、無職やひきこもりが、犯罪を犯さないという保証はない。しかし、事件を起こす確率は、極めて少ない。しかし、偶然に容疑者が、無職やひきこもりであったら、メディアは、殊更に騒ぎ立て、センセーショナルな報道をする。こうした印象操作は、悪質で、無職やひきこもりを潜在的な犯罪者に仕立てあげる以外の何物でもない。もっと、個別具体的に事件を取材して、事件の本質に肉迫するべきだ。松尾留与容疑者は、2006年に実家の土地を相続した。殺害された子供と夫婦が住んでいた家の所有権は、松尾留与容疑者の名義になっていた。「財産も譲る。この土地も譲るから、生活保護を受けて生きたい」と松尾留与容疑者は、言っていたそうである。おそら、こうした発言だけから、メディアは、身勝手な犯罪と決めつけた報道をするに違いない。大阪北区の公園のベンチで座っているところを、警察官に身柄を確保された。抵抗することもなく、素直に任意同行に応じた。その時に数千円しか所持しておらず、携帯電話も持っていなかった。何か、自分が犯行を犯した明確な意識すらなく、茫然自失という感じがする。おそらく、仕事を失い、人間関係も全くなく、絶望的なまでの孤独のなかで、松尾留衣容疑者は、生きていたように思えてならない。自殺する引き代えに、こうした凶行に及ぶ犯罪形態が増加している。生きづらさを抱えた人に対して、社会が不寛容になってきていることも大きな原因ではないだろうか。

千葉県警 警察学校の寮で賭けトランプ 10人以上が1万円を 警察学校は何を学ぶ所なのか?

千葉県警警察学校の寮で複数人の若手警察官が、現金を賭けてトランプゲームをしていた疑いがあるとして調査していることが、捜査関係者の取材で分かった。警察学校の寮の休憩時間に、トランプゲームを複数回し、10人以上が現金1万円近くを賭けていたようである。一部の警察官は、事実関係を認めているといい、県警は賭博などの疑いで調べるとともに、調査結果を踏まえて処分する方針。捜査関係者によると、賭けトランプをしていたのは、今秋警察学校に入校した若手警察官たち。初任の警察署に配属された後、再び警察学校に入校し「初任補修科」を受講していた。起こるべくした事件である。警察学校の実態は、あまり知られていないが、酷いものがある。いじめで、自殺した新人の警察官が、あまりにも多い。また、警察学校に入校したが、いじめに耐えれられず、辞めていく者も相当数ある。警察が歪んだ組織社会なのは、著しい階級社会であることが専門家によって指摘されてきた。キャリア組とノンキャリアでは、待遇や給与が全く異なってくる。キャリアは、東京大学法学部卒。ノンキャリアは、普通の大学か、高卒。ノンキャリアは、「巡査」から出発するのに対して、キャリアは、「警部補」から出発する。そして、ノンキャリアは、いくら出世しても、「警視長」留まり。捜査のイロハも分からない、キャリアが、20歳代で、地方の警察署の捜査2課長になったりして、自分の親のノンキャリアの警察官の上司になること自体おかしい。そうした徹底した、階級社会が個々の警察官のモチベーションを低下させてはいないだろうか。出世を諦めた、警察官が、捜査情報を漏洩する代わりに、風俗業者、暴力団関係者と懇ろになるのは、ある意味必然ではないだろうか。金品を受け取る、あるいは、お金を出さず、風俗で遊ぶ、出世を諦めた代わりに、居直ってしまう心理も理解できなくはない。ただ、階級社会の厳しさよりも、警察官を志す人間そのものに、どこか性格上の問題があるように思えてならない。柔剣道で成績優勝であった警察官が、盗撮していたり、老人を押さえつけて誤認逮捕で圧死させるなど。「他人を征服する、権力欲」のようなものを20代の若者が持つこと自体危険なことではないだろうか。

亀梨和也ら「紅白歌合戦」出場 NHKは忖度か?芸能界で「ジャニーズ事務所」はいまだ絶大な権力的存在

11月19日NHKは、大晦日の「第72回紅白歌合戦」の出演者を発表した。初出場の歌手が、注目される中で、話題になったのが、ジャニーズkATーTUNだ。デビュー当時は、6人だあったが、現在は、亀梨和也上田竜也、中丸雄一の3人組。デビュー15周年で、3年ぶりのシングルを発表したが、それほど、ヒットしているわけではない。今年の紅白歌合戦には、5組の「ジャニーズ」が出場する。大物演歌歌手が、出られないことを考えると、やはり「ジャニーズ事務所」の影響力が大きいかを感じざるを得ない。実力がある、ベテラン歌手が、「紅白歌合戦」に出場できずに、さして歌が上手なわけでもないのに、「ジャニーズ事務所」というだけで、優先されるのは、あまりにも理不尽だ。ジャニー喜多川に次いで、メリー喜多川が亡くなった。芸能界を支配してきた顔役が死んだために、「ジャニーズ王国」の凋落が危ぶまれる声がある。しかし、そうした懸念は、まったく感じさせない。9月には、「嵐」の桜井翔と相場雅紀が、一般人女性との結婚を電撃発表し話題になった。テレビは、お祝いモード一色。たかだか、芸能人の結婚にこれほど大騒ぎするのは、異様としか思えない。テレビ局にとって、「ジャニーズ」は視聴率を稼いでくれる、有り難い存在。絶対にぞんざいに扱うことなど出来ない。木村拓哉が、さして演技力もないのに、過大に、「カリスマ」的に扱われるのも、「ジャニーズ事務所」という支えがあってのことだと思う。桜井翔も、ドラマ、バラエティーにと幅広く出演しているが、さして才気が光る人物と言えない。メリー喜多川が、亡くなって、メリーの長女藤島ジュリー景子滝沢秀明副社長、古参の副社長の3人体制となったが、長年築いてきた、マスコミとの関係は、そんなに簡単に揺るがない。近く、芸能人が薬物使用で逮捕される噂が流れると、「ジャニーズ事務所」は先手を取った。所属タレント4000人に、立会人監視の下前もって「薬物検査」をするという慎重さ。それにしても、4000人も所属タレントがいることには驚く。当分、「ジャニーズ事務所」は、芸能界を牛耳るだろう。

 

 

 

 

空気階段「3年B組金八先生」偽善はもっとも 武田鉄矢はいつまでも金八先生のキャラを使う

8月20日石橋貴明が出演した番組で、空気階段の水川かたまりが、教育に厳しかった母親から、「金八先生は、偽善だから禁止」と言われた、エピソードを明らかにした。その後、11月14日のフジテレビの「ワイドナショー」で武田鉄矢と対面する。「僕は、君に何かひどいことをしたかなぁ」の冗談交じりに詰め寄った。そして、「3年B組金八先生」放映時にテレビ局に苦情の電話があった裏事情などを語った。最後は、「君は、偽というが、偽とういう文字が、人の為と書きます。もしかすると、金八先生は偽は偽でも人の為だったんじゃないかなぁ、帰ってよろしい」と金八節でしめた。完全に武田鉄矢のペースに持っていかれた感じがする。「金八先生は、偽善だから禁止」という言葉は、ネタとして面白い。私は、「3年B組金八先生」という番組そのものより、武田鉄矢という俳優に胡散臭いものを感じてならない。武田鉄矢にとって、金八先生は当たり役で、その後の俳優人生を大きく変えただろう。俳優にとって、当たり役に出会うということは、非常に運に恵まれたことである。金八先生武田鉄矢と世間に認知させてしまうのは、武田鉄矢の演技力の賜物であることは、間違いなく評価できる。しかし、武田鉄矢の素顔が、金八先生とは大きくかけ離れていることもまた事実である。中尾彬が何かの番組で、「あのTBSのドラマで、先生の役を演じている奴、何だよ」と大いに怒っておられたことが印象に残っている。また、鋭い芸能人ウオッチャーであった北野誠さんらも、事あるごとに、武田鉄矢の素顔について、ネタにされておられた。朝のラジオ番組で武田鉄矢は、共演する女子アナウンサーを下の名前で呼ぶ。そして、自分が今夢中になっている、本を取り上げて、金八先生ごとく、解説する。武田鉄矢のファンにとては、喜ばしい番組かもしれないが、とても付いていけない。武田鉄矢は、大の読書家なのは分かるが、自分の趣味を押し付けないで欲しい。「3年B組金八先生」は、ある意味、「お笑い番組」として鑑賞するべきだと思う。