孤独死予備軍ひきこもり日記

ひきこもりが、日々の雑感を綴ります。

2024-01-01から1年間の記事一覧

中田カウスだけでない 暴力団との黒い交際 虎の威を借る狐 やくざと付き合って 他人を恐ろしがらせる 美空ひばりの時代から 暴力団と芸能人の蜜月はあった 

中田カウスが突然よしもと祇園花月の出演を休演することになった。中田カウスは吉本興業の特別顧問を務め、2014年には上方漫才協会の会長に就任した。相方の中田カウスボタンが2019年に体調を崩して以降は、代わりに出演していた。中田カウスは松本…

長崎県警に喧嘩を売る竹下周志さん 決して「頭のいかれたおじさん」ではありません 私の気持ちを代弁してくれている

www.youtube.com

河村たかし 祖国のために命を捨てるのは道徳的行為 学校で教えなければいけない 道徳という高尚なことを言う極右 それ以前に「人間としての最低限のルール」を教えるべき

河村たかしが、「祖国のために命を捨てるのは道徳行為である」と発言した。 どうも極右の人間は、道徳などと高尚な言葉を使いたがるものだ。 それ以前に学校教育で、人間として最低限度のルール」を教えるべきだ。 しかし、今のガキには通用しないだろうが。

ザ・ハングマン 現代版 必殺仕置人 顔を変え 戸籍を抹消して 悪い奴を裁く 今、必要なのはこのようなドラマだ!汚い奴が逃げ得をする現実 ドラマで憂さ晴らしたいものだ!

www.youtube.com

レンタル不細工 とうとうそんな人間まで現れる 顔面至上主義 ルッキズム 女が男の顔を品定めし過ぎ しかし「不細工男子」でも恋愛はできる ただ「美人」とは付き合えない 逆に「ブス」は「イケメン」と付き合える ここに時代の病理がある!  

丹波哲郎 死後の世界 大霊界 すべて「インチキ臭い」 しかし「存在感」が凄いうえに 人柄の良さとやさしさが滲み出ている イマドキの俳優にこんな器の人はいない

2時間ドラマで丹波哲郎が出演しているのを見て、凄い俳優さんであると再認識させられた。丹波哲郎と言えば、「スピリチャルなこと」「霊的なこと」に異常なまでに関心を持って、著作も多い。映画まで撮っている。「砂の小舟」という丹波哲郎の映画の中では最…

朝日新聞 声 人生が不幸で桜を見るのが億劫 目が見えない人が楽しそうに桜の木を触っていた それで考え方を変えた これは「障害者」を差別する 「感動ポルノ」だ!

本日の朝日新聞「声」に人生が不幸で桜を見るのも億劫な時に、目の見えない人が桜の木を触ったりして楽しんでいる姿を見て、考え方を変えたという投稿があった。 投稿者は42歳女。 これは、自分より不幸な人を見て、自分の人生はまだ良いと優越感を持つ「…

広河隆一 正義の戦場カメラマン パレスチナの難民 反原発 裏の顔は女性に性的行為を強要 裸の写真を撮る ただの「変態おじさん」人というのは裏表があるものだ!

ここ数年に週刊文春が報じたスクープで私が最も評価しているのは広河隆一の女性への性的強要やわいせつ行為だ。広河隆一なる人物は戦場カメラマンとしてパレスチナの難民を撮影したり、反原発を訴えたり、社会正義を声高々に主張してきた人物である。福島第…

袴田事件 被害者の長女が 袴田巌さんが釈放された翌日に自殺 この事実は何を意味するのか? その被害者遺族を「再審公判」で 意見陳述させる 検察のやっていることは意味不明 静岡県警はクズ!

袴田事件の再審公判で検察は被害者家族の意見陳述を裁判所に求めた。 被害者の長女は袴田巌さんが釈放された翌日に自殺した。 この事実は何を意味するのだろうか? 検察は袴田巌さんが犯行に使用した5点の衣類の「DNA鑑定」を弾劾できないから、今回のような…

本当の自分を他者に開示することは 公開オナニーをするようなものだ 作家あるいは小説家はそれが出来る特殊な才能がある 私には到底できそうもない しかし気概だけはあるつもりだ!

志向性の高いブログをほとんど見たことがない。またそう言った重たいテーマのブログを普通の人は求めていないのかもしれない。私自身も迷っている。志向性の高いあるいは自分の人生を見つめる深刻な文章を書こうとするが。やはり「アクセス数」が気になって…

私の毎朝行喫茶店 前は和歌山大学のアルバイトの子で要領が良かった 店長が病気になって 皆辞めて 知り合いの22歳の子を採用した この子は不登校であったり心理的に問題がある それでも真面目に働いている この子がいない時常連客に「障害者手帳を取って、ひきこもりになれ」などの露骨な暴言 また「サイコパス」の客の悪口 おそらく毎朝各紙新聞を必死で読んでいる私の悪口を言っているだろう ただ言えるのは「社会に適応できない人間」をクズ扱いすることは絶対許せない

私の毎朝行く喫茶店の店長が人の悪口を言いたい放題している。 自身が病気でイライラするのだろう。 この喫茶店は何十年も和歌山大学の学生がアルバイトをしていた。 しかし、店長が体の不調を来たし、イライラを学生たちにぶつけるようになった。 そのため…

橋下徹 毎日放送に年に1回ほど出演 スタッフ一同で お迎え 毎日放送はいつからこのような手合いの僕になったのか! 橋下徹ほど質の悪い奴はいない 「文春砲」の次の狙いは橋下徹であってほしい!

橋下徹が毎日放送に出演した。 チャラ付いたアナウンサーは異常なまでにヨイショしたが、年に1回ほど橋下徹が毎日放送に出演するとスタッフ一同でお迎えしているのが分かる。 かつて、佐野眞一氏が週刊朝日上で「ハシシタ奴の根性」という連載で、橋下徹を…

もう今日こそ短い字数で適当にブログを書いて 他の事をしようと思っているのに クソ真面目に800字でブログを書いている そんな私こそ「依存症」だ!

今日はものすごく忙しかった。毎晩明日こそは、字数を少なくして、適当にブログをこうとするのだが、いざ同じ時間帯になれば、「クソ真面目」にネタを考えて、800字以上の文章を書いている。今も左翼系雑誌への投稿が終わったところだ。この左翼系雑誌は…

メルカリ スキマバイト 登録者200万人以上 一見して良いようだが メルカリに搾取されていることに気付かない メルカリは儲け放題

メルカリがスキマバイトを始めた。 登録者は200万人以上という。 1時間だけ働いても良いという。 一見して、「新しい労働観」のように感じられるが、メルカリに搾取されていることに気付くべきだ。

青森県20代警巡査長 知り合いの車に 複数回 石を投げたり 蹴って凹ます 氏名を公表しない 警察官は何をしても許される

青森県警の20代の巡査長が知り合いの車に石を投げたり、へこませたりして、器物損壊で書類送検されていたことが分かった。 昨年の事で、青森県警内部で密かに処分されていた。 ばれなければ、不祥事でないという認識なのだろう。 氏名すら公表されていない…

ロザン 毎日放送の夕方の番組でやっている菅広文の道案内 不愉快で仕方がない まだ「自分がイケてる男」と勘違いしている 野嶋紗栄子アナウンサーが辞めて 私は「野嶋ロス状態」 毎日放送の番組の質の低下が甚だしい

毎日放送の夕方のワイド番組の火曜日に「ロザン」が道案内をする企画がある。もっぱら梅田がロケ地になっている。梅田は大阪の人間でもややこしい。私も大学時代に梅田でアルバイトをしていた。その時は、目印になる建物を自分の中にインプットしていたので…

水町重範 歴代の総理の脈を取った 怪しげな人脈 非常にいかがわしい人物 何故産経新聞社はこのような手合いの連載をするのか!

サンスポで水町重範という医者の連載を掲載している。 歴代の総理の脈を取ったと自慢して、御大層な医者を自認している。 また政財界に幅広い人脈を持っている。左右問わず、交友があるようだ。 しかし、過去にあるマイナーな週刊誌が水町重範のスキャンダル…

滋賀県警 いなり寿司を盗んだとして 74歳の女性を誤認逮捕 目撃者の証言 防犯カメラの映像から判断 滋賀県警は西山美香さんの自白を引き出した 山本誠を 過去に誤認逮捕した犯罪者を出世させる 冤罪事件が多い警察組織だ!  

滋賀県警がいなり寿司を盗んだとして74歳の女性を現行犯逮捕したことが誤認逮捕であった。 目撃者の証言と防犯カメラに映った映像からこの女性を逮捕したという。 これでは一般市民がいつ冤罪に巻き込まれる可能性は極めて高い。 滋賀県警は、滋賀湖東記念…

ZAZY 父親からの教育虐待を告白 夜中の3時、4時まで勉強させられた この人と同じ 智辯和歌山出身の私から言わせてもらうと こうした子供をブランドの大学に合格させることしか考えてない親が多い そして智辯和歌山中学・高校は異常な校風であり 暴力教師を定年まで飼いならす 私の人生を無茶苦茶にした!

ZAZYが父親からの教育虐待を告白したことが話題になっている。夜中の3時、4時まで勉強させらたと言う。父親は塾を経営していた。ZAZYと私は同じ智辯和歌山中学・高校である。ZAZYは1988年生まれである。私が1981年生まれなので、この…

松田聖子 中央大学法学部通信課程を卒業したことを絶賛する メディアに違和感 

松田聖子が中央大学法学部の通信課程を卒業したことをメディアは大絶賛している。 私には松田聖子が必死になって勉強している姿を想像できないものだ。 自分の力ですべてレポートを書いたかも真偽定かではない。 松田聖子のわがままぶりと勤勉さがどうも結び…

かまいたち 朝日放送の「これ余談なんですけど」で 薬剤師を蔑視する発言 薬剤師はそもそも医者に憧れていない 薬学部の女子は非常に真面目で堅実である かまいたち濱家は「創価学会員」 天狗になって調子に乗り過ぎている!

かまいたちの山内が朝日放送の「これ余談なんですけど」で、薬剤師を蔑視する発言をした。医者に診察してもらった処方箋を薬局に持っていき、薬剤師がその処方箋を見て、薬を準備する。医薬分業制が基本である。その際に薬剤師が患者の状態を聞くのは当然の…

「紀州のドン・ファン事件」 5月にやっと初公判 それも「詐欺罪」で 須藤早貴を 「状況証拠」を積み重ねて逮捕した 和歌山弁で 刑事部長が記者会見した メディアは大絶賛 日本一優秀かつ薄汚い和歌山県警の捜査のレベルはこの程度のものにかかわった警察官讃岐真生は盗撮をばれて女性に暴行して警視庁に逮捕 人間のクズ以外の何物でもない!

「紀州のドン・ファン事件」の初公判が5月のあるという。 それも別件の「詐欺罪」で。 須藤早貴を鳴り物入りで逮捕した時に、和歌山県警の刑事部長が和歌山弁で記者会見した。 メディアは状況証拠を積み重ねた素晴らしい捜査と大絶賛した。 それがこの有様…

堀江貴文 ホリエモン 松本人志支持層は「知能指数が低めの人」 まさにその通りである ホリエモンはたまに正鵠を射たことを言う!

堀江貴文が自身のYouTubeチャンネルで、「松本人志支持層は知能指数が低めの人が多い」趣旨の発言をした。 堀江貴文の見解は、「俺らの松本さんが。クソ文春がみたいなぁ」というものだ。 まさにその通りである。 文春の取材は徹底的なものであり、松本人志…

可愛かずみ 32歳で飛び降り自殺した女優 タモリも山田邦子も「良い子と」太鼓押し 「日活ロマンポルノ」出身であったため テレビドラマの撮影現場でいじめられたことが原因 芸能界は陰湿ないじめが跋扈している!

1997年の5月に可愛かずみという女優が飛び降り自殺した。まだ32歳であった。可愛かずみと聞いて知らない人が多いだろう。私の世代でも知っている人はその頃良くテレビを見ていた人ぐらいではないだろうか。可愛かずみは日活ロマンポルノ出身であった…

アントニオ猪木 前田昌明が長州力の顔面を蹴ったことを 「プロレス道に悖る」と言ったことを 朝日新聞で町田康が絶賛したが 猪木が言うのはおかしい ただ猪木の名言 いや「迷言」 その胡散臭生き方を貫いたことに私は憧れる

先週の朝日新聞で日本人の惻隠の情について町田康が論じていた。 そのなかで、前田昌明が長州力の顔面を蹴ったことに対して、アントニオ猪木が「プロレス道の悖る」と言ったことを大絶賛していた。 猪木に前田昌明の愚行を批判する資格はないのではないだろ…

ひきこもり ニートの次に作られた SNEPとういう言葉 定着せず 結局はひきこもりもニートも 自分で名乗って「アイデンティティー」を満たしている偽物が多すぎる 本当に支援されるべき人が声を出せない社会である!

SNEPという言葉が2015年頃に玄田有史という社会学者によって作られた。20歳から59歳以下の在学中を除く未婚の無業者のうち、普段ずっと一人でいるか、家族以外の人と2日連続で接していない人を指す。玄田有史は、ニート問題でも独自の見解を語…

「杉田水脈の同性愛者に生産性がない発言」を受けて売名行為をした本町文化堂 人によって態度を変える 東大卒で和歌山で塾を開く男と仲良く 東大出ても 社会で使いものにならないだけ 和歌山県警を批判してかいっちょ前の事を言え!

和歌山市の書店、本町文化堂さん(@BTCC_wakayama)で教室に置く用の書籍を購入しました!本町文化堂さん、個性的な本や古本が多くあって、1時間以上滞在してしまいました pic.twitter.com/vDFKSyutFM — イカ先生和歌山の東大卒塾長(学習塾 Sophica) (@wak…

岩田明子が社外取締役になった ドトールコーヒーは 創価学会系企業 創業者の鳥羽博道は苦労人であるが 成功したことを 致知出版の本で自慢する 成功哲学など聞きたくない!

NHKの記者で安倍政権べったりであった岩田明子がドトールコーヒーの社外取締役になった。 ドトールコーヒーは創価学会系の企業である。 創業者の鳥羽博道は、高卒で苦労人の立志伝中の人物。 しかし、中小企業の社長が愛読する本を出版している致知出版社の…

マッチングアプリで顔を加工して婚活する41歳女 きれいごとをのたまっているが 結局は顔の良い男を探している 色ボケ女

NHKの5分番組で、マッチングアプリで婚活をしている四十路の女たちが紹介されていた。どいつももいつも馬鹿面下げたくだらない女たちであった。その中でエステシャンをしている41歳女が得に印象に残った。マッチングアプリのサイトに何件も登録して、婚活…

東京五輪の空手75キロ級に出場した 西村拳 美容男子でも有名 抵抗できな女性に性的暴行 父も空手家 「格闘技をして喧嘩が強いと勘違いする」人間のクズ こういう手合いがあまりにも多すぎる!

東京五輪の空手75キロ級に参加した西村拳が抵抗できない女性に性的暴行を加えたとして、準強制性交致傷で在宅起訴された。 西村拳は美容女子としても有名であった。 父親も空手家である。 どうも「格闘家で自分が喧嘩が強い」と勘違いして、鬼畜の所業をす…